七五三とは何か

子供の成長に合わせて、縁起の良い3歳、5歳、7歳において健康と成長を祝う行事です。男児は3歳と5歳に、女児は3歳と7歳が対象です。古くは数え年でしたが、満年齢が行う家族も多くあります。
11月15日に地域の神社に出向いて、氏神様にお参りするのが一般的です。なお、お参りをする時期は子供の体調や都合を考慮して、ずらしても問題ありません。

自前の衣装でお参りに行く場合とレンタル衣装でお参りに行く場合それぞれのメリット

手軽さや価格で比較すると

レンタル衣装なら多くの種類があり気に入った着物を選べ、購入するよりも格段に安くすみ経済的です。兄弟姉妹がいて共用できるなら、購入しても経済負担を減らすことができます。

記念を重視する観点からは

レンタル衣装の場合は、体裁の整った記念写真を撮影して想い出にできます。自前で購入するなら写真だけでなく着物が手元に残るので、こだわり派に向いています。また祖父母が孫に買ってあげたい気持ちにも応えることができます。

七五三の時に準備するべきこと

着物をそろえるなら、自前で購入するのかレンタルするのかを決めます。両親と合わせるなど、検討に時間がかかる場合がありますので注意してください。お子様は着物が初めてのケースもありますので、身につけて歩く練習ができるとなお良いでしょう。
またレンタル衣装の場合、繁忙期には注文が集中しますので、できるだけ早いタイミングで検討を開始しましょう。

七五三での衣装レンタルする時の注意点

男の子

神社までの行き方をチェックする

車や電車を利用する際に、どんなルートで行くのか事前に調べておくことが大切です。神社へ行くために必要な駐車場のチェックや、最短で行ける道路などを調べて、なるべく負担の少ない交通手段を利用できるように配慮しましょう。

帰りの服装を準備しておくこと

着物を着ているのが負担に感じるお子様もいますので、参拝が終わった後に普段着に着替えたり、靴に履き替えたりできるように準備をしておきましょう。草履が合わなくて足を痛がったり、慣れずにぐずってしまったりするかもしれないからです。

宮司さんへの謝礼を調べておくこと

宮司さんに謝礼を手渡す際に、いったいいくら包めばよいか分からない方が多いでしょう。神社によって違いますので、予め確認しておくことをお勧めします。またお金を包む水引きの作法も、確認しておくと良いでしょう。

七五三などの行事はレンタル業者の力を借りるのが一番!

親子

人気の高い衣装レンタル業者の特徴

七五三やお宮参りなど子供向けから、結婚式や各種イベントに必要な衣装は、買うから借りるスタイルを重視する傾向が強くなっています。手軽ですし買うよりも格安で利用できるからです。
そこで良い業者には共通の特徴がありますので、たくさんある衣装レンタルの業者から選ぶ際の指標としましょう。
例えば人気のある衣装レンタル業者は、商品のラインナップが豊富ですし、トレンドをつかんだ最新の衣装を選ぶことができます。品質も良く料金体系も明朗ですので、利用者が安心できる点が人気の理由になっています。

かしきもの

クリーニングしなくてもいい会社を厳選紹介☆七五三の着物が低価格でレンタルできる♪